Robert Pattinson Press-Japan / ロバート・パティンソン ファンサイト

<< 映画「Bel Ami」ミニクリップ/ワールドプレミア関連インタビュー動画(翻訳) | main | 映画「リメンバー・ミー」沖縄で遂に上映決定!“Remember Me” is coming to Okinawa (Japan) >>
映画「Bel Ami」新クリップ &映画「Bel Ami」サントラ(US)がアマゾン・ジャパンからも注文可能 & 映画取材インタビュー動画 他
New "Bel Ami" Clip from Hello Magazine

雑誌「Hello!」電子版発、映画「Bel Ami」新クリップ!

-世界各国では続々公開が開始されているロバート・パティンソンのインディーズ映画「Bel Ami」の新しいクリップが、雑誌「Hello!」電子版から紹介されました!


Youtube≫ New "Bel Ami" Clip from Hello Magazine




New "Bel Ami" Clip from Hello Magazine

Clotilde:あら、ベラミ。あなたの旧友に微笑みかけてはくださらないの?
Rousset:それでは別室へ移動いたしましょう。
Clotilde:あなたのゴシップ、山と耳に入っていますわよ。
George:マダム フォレスティエ。
Madeline:ベラミ、もう私のことはお忘れかと思っていましたわ。
George:そんなこと、できる訳もありません。
(Suzanne独唱)
(咳き込み退出するForestierとMadeline)


-
|  [Source  via  Via ] via [ToR] Thanks | Youtube [] Thank you |Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |


Bel Ami Soundtrack PreOrder (US・UK)

映画「Bel Ami」サントラが早くも予約開始(US・UK)

映画「Bel Ami」のサウンドトラックがアメリカ・イギリスではamazonで予約が開始されました。発売日は3月20日ということで、なんとインポートものではありますが、現在日本のamazon-japanからもアメリカ版が予約できるようになっています!

amazon Japan ≫Bel Ami サントラ US版 (モバイル)
-”Bel Ami" Soundtrack :Tracklist
1. Bel Ami (1:54)
2. Poverty (2:23)
3. Whose Arms Are These? (1:29)
4. Georges Meets Madeleine / I like Being A Journalist (1:07)
5. Love Nest (1:37)
6. Beggar / Charles Is Dying (3:11)
7. She Won’t Be A Widow For Long (1:24)
8. A More Memorable Name (2:28)
9. Charles Dies (2:06)
10. Clotilde (1:46)
11. A Fool (2:56)
12. La Vie FranÇaise / Celebration (1:41)
13. Betrayal / Virginie Submits (3:32)
14. Madeleine (2:30)
15. Head Of Gossip / La Vie FranÇaise (1:54)
16. The Man I Have Lost (1:26)
17. You Disgust Me (1:24)
18. Rousset’s Party (2:15)
19. Drunken Montage (1:14)
20. Suzanne’s Entrance (1:12)
21. Palm House (1:48)
22. Georges Elopes With Suzanne (1:48)
23. It’s Not Enough To Be Loved / The Wedding / Bel Ami Reprise (5:06)

Article:
Varese Sarabande (アメリカ最大のサウンド・トラック・レーベル)が近日公開予定である時代物ドラマ、『ベラミ』の詳細について発表した。アルバムにはLakshman Joseph De Saramとアカデミー賞を受賞したことのある作曲家、レイチェル・ポートマンが映画のために描きおろしたオリジナルの楽曲が含まれているという。このサウンドトラックは2012年3月20日発売予定。アマゾンで予約が可能だ。ベラミはディクラン・ドネランとニック・オーマードが監督を務め、ロバート・パティンソン、ユマ・サーマン、クリスティン・スコット・トーマス、コルム・ミーニイを主演に迎えている。この作品はある若い男のパリでの出世を中心に展開する。彼は市で最も影響力があって、お金持ちな女性を巧みに操る。最近ではベルリンの映画祭でプレミアが行われた。イギリスでは2012年3月9日公開である。IFC Films(アメリカの配給会社)によるアメリカ国内での公開は年内になるだろう。

Article:
Varese Sarabande has announced the details for the upcoming period drama Bel Ami. The album includes the original score from the film written by Lakshman Joseph De Saram and Academy Award-winning composer Rachel Portman. The soundtrack will be released on March 20, 2012 and is now available for pre-order on Amazon. Bel Ami is directed by Declan Donnellan and Nick Ormerod and stars Robert Pattinson, Uma Thurman, Kristin Scott Thomas, Christina Ricci and Colm Meaney. The film revolves around a young man’s rise to power in Paris via his manipulation of the city’s most influential and wealthy women. The drama recently premiered at the Berlin Film Festival and will be released in the UK on March 9, 2012. A domestic release through IFC Films is expected later this year.

-
| source [amazon-japan] | Translation Chi (C) Robert Pattinson Press-Japan |


Christina Ricci talks about Bel Ami, Robert Pattinson & Pan Am

映画「Bel Ami」クリスティーナ・リッチのインタビュー(アイスランド)

-映画「Bel Ami」のクリスティーナ・リッチのインタビュー動画を紹介します。これはアイスランドの映画サイトのMoviesIreland による取材インタビューです。(抜粋)


Youtube≫ Christina Ricci talks about Bel Ami, Robert Pattinson & Pan Am



Christina Ricci talks about Bel Ami, Robert Pattinson & Pan Am (MoviesIreland )

-(1:20)
インタビュアー:デクラン・ドネラン、ニック・オムロッド両監督は1992年にショートフィルム(「Big Fish」)を製作し、その後テレビ映画「The Making of Martin Guerre」を作成しましたが、それが彼らと一緒に仕事をしたいと思ったきっかけにつながったのでしょうか?それとも、他のキャスト、もしくはあなたの演じる役に興味があったからですか?
Christina Ricci:両監督と一緒に仕事をしたいと思ったのは確かよ、舞台監督として評判の高いお二人。それから、共演者のロブをはじめクリスティン・スコット・トーマスさん、そしてユマ・サーマンさんと仕事ができるのもわくわくしたわ。私の演じたクロティルドもとても魅力的だった、こんな役を演じてみたいと思っていたの。
-
インタビュアー:クリスティン、ユマそしてあなたの演技も素晴らしかった。でも今のロバートのような爆発的人気俳優と仕事をすると、一緒に大勢のファンがついて回る、そんな彼と一緒に仕事をすると、例えば写真に写りこんでしまうとか、そんなことが、セットで問題になったりしましたか?
Christina:そんな話題、全く記憶にないわ。
インタビュアー:そうかい、じゃぁ、次の話題に行こう。
Christina:(笑)


-
| Via via [RPLife] Thanks  | Translation mina (C) Robert Pattinson Press-Japan |


Bel Ami Film Reviews from Jameson Dublin International Film Festival (JDIFF)

映画「Bel Ami」:ジェイムソン・ダブリン国際映画祭関連レビュー

-2月19日、アイルランドで開催されたジェイムソン・ダブリン国際映画祭でこの映画「Bel Ami」が上映、それに伴い地元映画関連サイトに掲載された映画レビューから1つを紹介します。20日付け、The Movie Blogに掲載されたものです。紹介が遅くなってごめんなさい。

-Bel Ami Film Reviews from Jameson Dublin International Film Festival (JDIFF) "Non-Review Review: Bel Ami" (The Movie Blog)



演劇界のベテランDeclan DonnelanとNick Ormerod両氏初の映画、"Bel Ami"に良い印象を持ったことを認めざるを得ない。クラシックなドラマだが、使い古された風俗映画でなく聖書正典に加えるのに値する出来になっている。例えるなら、贅沢なBBCドラマのようであり、時代劇だと考えればこれは賞賛に値する。ロバート・パティンソンがトワイライト以降成功するか否かは分らないが、もし今回のように賢く出演作を選択すれば、うまく成功するであろう。

今回のパティンソンのキャスティングは、多くの面で"Woman in Black"に出演したダニエル・ラドクリフを思いだす。2人とも大成功を収めた映画の影からの脱出を現在試みているが、相応しい役柄を今だ模索中だ。ラドクリフは良くある役柄だがファミリー映画とは明らかに違うハリー・ポッターからHammer House of Horrorへの移行は巧みだった。パティンソンも、今回更に大人の環境で典型的な役を演じることで彼と類似している。

事実、エドワード・カレンのファンはバンパイアボーイフレンドと今回の彼の役柄にあまり類似点は見つけられないだろう。ジョージ・デュロイを演じるパティンソンはまだセクシーな捕食動物だ - 感情的にデリケートな若者がよりナイーブに女性を利用しようとしている。素晴らしい典型を重複するかのように、監督のDonnellan氏とOrmerod氏はデュロイが敵対する夫にささやかな復讐をするためにその妻を誘惑しようと教会の中で彼女を追いかける恋愛シーンをまるでホラー映画の逃走シーンのように撮影している。

"Bel Ami"は明らかに性的な駆け引きがあるが、、例えばダメージのある人達との損なった関係の概念など、それはパティンソンのアイコン的役とも多くの面で重なっておりスムーズな変化だと思う。パティンソンが下手な役者だとは言わないが、あるインターネット信者達はトワイライトを大げさに評価しているように思える。彼に最適な役が書かれた脚本に彼が出会えたと私は思わないが、しかしトワイライトの改訂版のような"Remenber Me"や"Water for Elephants"と比較すると、"Bel Ami"は現在に至るまで彼に合った最適な作品だ。

と言うことは、パティンソンは大作が終わった後に説得力のある主演になるよう私を納得させる必要があるが、"Bel Ami"は彼の希望通りの印象を与えている。もちろん、更なる努力が必要だが彼はこの役に重要な深みと複雑性を与えている。ジョージ・デュロイは、欲求をベースに内に篭った恨みに突き動かされている役であり、パティンソンはこれらを上手に表現している。彼にまったく打ちのめされたわけではないが、もし彼が今回のような演技をこれからの作品でも表すことができるなら、私は彼のファンになるだろう。



映画の残りの部分は完全に観客を楽しませるものとなっている。階級を題材にしたドラマは大抵いつも人々の心をとらえる。現在との関連性がとても深ければよいのだが。デュロアの自分自身の独立との葛藤は私たちのほとんどが認識し、理解している何かを表している。そしてこの映画はかなり広範囲にわたる社会と政治のトピックを扱っている。それもそれほど差し出がましくないやり方でである。結局、メディアと政府の関係は時宜にかなったように思える。そしてこう想像せずにはいられなかった。コルム・ミーニイが「私は王よりも力がある!」と述べたルパート・マードック(メディア経営者、ニューズ・コーポレーションCEO)のような人物へと向かっているということだ。そしていくつかの政治的主張が少し時代遅れになっていると感じずにもいられなかった。バラク・オバマが米軍を中東から撤退させたように、侵略に関する好機を逃した台本のように感じる。メディアがフランス政府が計画したモロッコへの侵略に取り組んだ通りだ。この作品はずいぶんひどく構想の要点に頼っている。それはイラクへの侵略が強化しているときに台本が書かれたように思わせるような内容だ。

少数派の不満ではあるが、映画はエピソードチックであることに少し悩まされている。構想が組織的に発展しながら縫うようにして進み、クライマックスにむけて盛り上がるというよりもむしろ、ジョルジュは個人的な危機に直面する傾向にあり、次々と別の危機が浮上するように見える。例えば、映画の三分の一くらいの部分でマイナーな登場人物が出てくる。(彼女にセリフがあるわけではないが、ピアノを演奏しながら登場する)ところが突然、最後にはかなり重要な人物となる。全ての脈絡が同時にではなくて、相互に沿って進んでいくのなら、より良く物語は円滑に進んだかもしれない。

なお、これらは少数派の不平である。間違いなくパティンソンの映画だからだ。しかし彼は巧みに支えられている。ユマ・サーマンのアクセントはわずかに素晴らしい。しかしデュロアの詩神としての演技は非の打ちどころがなく素晴らしい。クリスティーナ・リッチはデュロアがいつもあてにする女性として、頼りがいがある。クリスティン・スコット・トーマスは孤独な古女房として今までにないくらい優美である。その夫は妻が何よりも美しいということを決して彼女に言わないような人だ。フィリップ・グレニスターとコルム・ミーニイもまた比較的小さな名脇役として登場する。

作品は一見豪華に、美しく、その時代や背景を喚起しているように見える。自意識過剰になっていることを描くことなしにだ。史跡などが写ったはっきりとした派手な場面はない。監督であるディクラン・ドネランとニック・オーマードはブダペストを(ハンガリーの首都)パリのレプリカへと変身させながら、間違いなく素晴らしい仕事をやってのけた。私は特に丸い掲示板が好きだ。とても良いパリ風の手法である。

ベラミは時代物ドラマのしっかりとした作品になっている。しっかりとした主要人物による演技と、男女関係への興味深い関心と共にだ。必ずしも優れているとは限らないが、面白いくらいにスイスイと進み、ただ単に面白いだけではない。

私は普通映画を格付けしないのだが、ジェイムソン・ダブリン国際映画祭が観客にワースト1とベスト4をランク付けするように要求した。情報の全面公開にあたり、正直な意見として私はこの映画を第3位とする。


I have to admit to being pleasantly surprised by Bel Ami, the first film from theatrical veterans Declan Donnellan & Nick Ormerod. It’s a classy little period drama that doesn’t necessarily redefine the genre, but instead stands as a worth addition to the canon. In a way, it seems like a more lavish BBC adaptation, which is quite a compliment when it comes to period drama. I don’t know if actor Robert Pattinson will necessarily find life after Twilight, but I imagine he will find a niche if he chooses his next couple of roles as carefully as he chose this one.
-
In many ways, Pattinson’s casting here reminds me of Daniel Radcliffe’s work on Woman in Black. Both men are currently trying to escape the shadow of monumental movie franchises, yet still trying to find roles that play to their strengths. Radcliffe’s transition from Harry Potter to Hammer House of Horror was a deft move, playing to many of the same strengths and yet distinguishing him from those family-friendly films. Pattinson does something similar here, playing to the same core archetype in a more mature setting.
-
Indeed, fans of Edward Cullen will find more than a few points of similarity between the vampire boyfriend and his role here. Playing Georges Duroy, Pattinson is still a sexual predator – an emotionally delicate young man keen to take advantage of women more naive than he is. In a wonderful overlap of archetypes, directors Donnellan and Ormerod chose to film one courtship sequence like a chase sequence from a horror film, as Duroy stalks the wife of an opponent through a church, trying to seduce her as petty revenge against her husband.
-
Bel Ami might be more overt in its sexual politics, but it does cover a lot of the same thematic ground as Pattinson’s iconic role – such as the notion of damaged relationships between damaged people – and I think it’s a smooth point of transition. I don’t subscribe to the idea that Pattinson is a weak actor, a piece of internet gospel that seems to spread around as part of the overwhelming Twilight hatedom. I don’t think that we have seen the actor given a script that plays to his strengths, and Bel Ami is easily the best project that I have seen him in to date – comfortably ahead of any of the Twilight adaptations, Remember Me or Water for Elephants.

That said, Pattinson still has to convince me that he will make a convincing leading man after the franchise evaporates, but Bel Ami provides relatively strong evidence in his favour. He has more to work with here, and is given a character with significant depth and complexity. Georges Duroy is a character driven by base desires, and inner resentment, and Pattinson manages to express these quite well. I’m not yet entirely sold, but if he can turn out another few performances like this, I think I could be converted.
-
The rest of the movie is solidly entertaining. Class drama is generally always fascinating – if only because it’s pretty much always relevant. Duroy’s struggle with his own independence is something that most of us will recognise and understand, and the movie deals with fairly broad social and political topics in a way that isn’t excessively intrusive. After all, the relationship between the media and government does seem quite timely at the moment, and I couldn’t help but imagine Colm Meaney was channelling Rupert Murdock as he declares, “I am more powerful than a king!”
-
That said, I can’t help but feel some of the political points are just a little bit behind the curve. As Barack Obama is in the middle of removing the United States from the Middle East, it seems like the script missed the window for relevance on the invasion subplot – as the media grapples with the French government’s planned invasion of Morocco. The movie leans rather heavily on the plot point, which makes it seem like the script was written when the build-up to the invasion of Iraq was taking place.
-
It’s a minor complaint, but the movie does suffer a bit from being rather episodic. It seems like Georges tends to face an individual crisis, and emerge from it to face another, rather than the plot threads developing organically and growing towards the climax. For example, we are only briefly introduced to a minor character in the first third of the film (she doesn’t have any lines, but appears playing the piano), only for her to suddenly become hugely important in the third. It might have flowed a bit better to develop all the threads along side one another, rather than deploying them one-at-a-time.
-
Still, these are minor complaints. This is undoubtedly Pattinson’s film, but he is ably supported. Uma Thurman’s accent grates slightly, but her performance as Duroy’s muse is perfectly solid. Christina Ricci is reliable as the girl he always seems to fall back on. And Kristen Scott-Thomas is as graceful as ever as a lonely old wife, whose husband never tells her that she’s beautiful anymore. Philip Glenister and Colm Meaney also make the most of relatively small supporting roles.
-
The production design looks lavish, beautifully evoking the period and setting, without ever self-consciously drawing attention to it. There are no gaudy establishing shots with landmarks or anything. Directors Declan Donnellan & Nick Ormerod have done an absolutely exceptional job converting the city of Budapest into a replica of Paris. I especially like the round notice boards, a very nice Parisian touch.
-
Bel Ami is a solid piece of period drama, with a solid central performance, and some interesting observations on gender relations. It doesn’t necessarily excel, but it breezes along quite nicely and is never less than solidly entertaining.
-
I don’t normally rate films, but the Jameson Dublin International Film Festival asks the audience to rank a film from 1 (worst) to 4 (best). In the interest of full and frank disclosure, I ranked this film: 3


| source [The Movie Blog] via [ToR] Thanks | Translation nayu and Chi (C) Robert Pattinson Press-Japan |
|JUGEMテーマ:映画外国映画の男優Robert Pattinson
| ベラミ 愛を弄ぶ男 Bel Ami 【日本3月より順次公開予定】 | Date of Japan @2012.03.06 Tuesday..Time- 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |



  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...









http://clara-blog.jugem.jp/trackback/2713
【コミュニケーションエリア】
 photo BD2-Cosmo-BelAmi.gif
最新ラインナップ


≫スマホ版表示へ戻る

Japan Official Twilight Saga Breaking Dawn Part 2 Blog






 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>



被災地域向け情報Google
Love For Nippon
なんとかしなきゃサポーター
LOVE in Action

side-icon-Japan Twilight fan site.jpg
トワイライターズ・日本オフィシャル・ファンサイト[Japan Official fan site]





+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (06/30)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (06/30)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (03/06)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    q (03/06)
  • ベン・バーンズ、トワイライトのエドワード役にならなくて、今はほっとしたかも・・
    通りすがり (02/19)
  • RPPJの英語翻訳お手伝いしてくださる方ぜひお声掛けください♪
    Mr.Eguchi (02/18)
  • "Twilight Forever"コンプリート・サーガ/メモリアルDVD−BoxとBlu-ray-Box日本でも発売決定
    白☆ (12/11)
  • 映画『Maps to the Stars』7/22トロントのセットでのロバート・パティンソン
    clara (08/04)
  • 映画『Maps to the Stars』7/22トロントのセットでのロバート・パティンソン
    白 (07/27)
  • Dior Homme 新ショットのロバート・パティンソン
    clara (07/04)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Clara-Press@Project's Video
youtube-icon-clara.jpg
メモリアル字幕動画(協力:patty13May)
対訳:pon and nayu and mina
+ Special site and Affiliates
special site

Thinking of Rob

Spunk Ransom
sister site : Spunk Ransom


Rob's Blog

Twilight Moms
Robert Pattinson Profile
Rob Pattz Lovers

Rob fan Network

ROB Network

Twilighters Blog

Twilight Fan Art

+ World Time&
+ amazon
+ mail & message



+ MOBILE
qrcode
+ LINKS

+ PROFILE

link us
robert-pattinson-press.jp

robert-pattinson-press.jp
+ OTHERS

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
 iTunes Store(Japan)
HMVジャパン
チケットぴあ

キラキラハートの足跡ブログパーツ

[PR]面白ツイート集めました

このページの先頭へ